アンフェアthe answerのあらすじと最後は?犯人は?続きはある?

今日もテレビ番組をチェックしていると、9月12日放送の土曜プレミアムで映画「アンフェア the answer」が放送されますね。アンフェアといえば、あの人気女優の篠原涼子が主演で、ドラマから火がついて映画化もされたんですよ!今回の映画は、映画アンフェアシリーズの第2作です。

というわけで、今回は映画「アンフェア the answer」の内容を紹介しますよ!

※今回の記事は、映画「アンフェア the answer」のネタバレを含む記事となっております。内容を知りたくない方は、他の記事をご覧下さい。m(__)m

スポンサーリンク

1:映画「アンフェア the answer」のあらすじと最後は?犯人は?

前回の映画「アンフェア the movie」で、豊洲警察病院占拠テロ事件解決後、雪平夏見は北海道、西紋別署刑事課に転勤していました。その頃、東京ではネイルガンによる連続殺人事件が発生します。しかも容疑者となった者が次々と殺されている予告殺人であり、今度は雪平の元夫・佐藤和夫が事件の容疑者となってしまいます。東京で雪平は佐藤と再会し、解読を依頼した機密文書が隠されたUSBメモリを返されますが、その後佐藤和夫の死体が発見され、今度は現場にあったネイルガンから雪平の指紋が見つかり、雪平が容疑者として捕まってしまいます。

捕まった雪平でしたが、東京から取り調べに来た村上検事が、警察からの逃亡を持ちかけられ村上と一緒に逃亡します。
実は、村上は雪平と同じマネーロンダリング事件を調べていて、今回のネイルガン事件も関係していると考え雪平を逃がし真相を明らかにしようとしていました。

警察の検問をかいくぐり東京に戻った雪平でしたが、村上が用意した隠れ家で犯人の結城に襲われてしまいます。

一髪で身を守った雪平は自分の爪の間に残った結城の肉片を三上に渡し、DNA鑑定を依頼しました。DNA鑑定によって明らかになった結城の住所に雪平は潜入しました。被害者の写真コレクションの中に佐藤の写真が無い事から、佐藤を殺した犯人は別に居る事を確信します。時、結城に監禁・拷問を受けた雪平であったが、共闘して佐藤殺害の犯人を探しだすことになる。その後、雪平は結城に監禁・拷問を受けましたが、共闘して佐藤殺害の犯人を探すように仕向けました。

結城と廃工場で密会した雪平は作戦通り、釘が装填されていないネイルガンを首元に受け、死んだふりをすることによって、佐藤殺しの真犯人を暴くことに成功し、真犯人は一条だった事がわかりました。雪平は結城を見逃し、一条は逮捕されました。

さらに雪平は、東京高等検察庁からの電話を通じて東京地検検察官の村上がUSB奪取に絡む一連の事件の真犯人であると確信する。一方、村上は、国家機関上層部へUSBメモリーは「政界、官僚、警察、法曹界を結ぶ資金還流システムの機密データ」であり、それが無事奪還できたと報告します。
雪平は、USBメモリーに収められたデータが、かつて佐藤から譲渡されたノートPCに転送されたことを確認。村上に電話をかけ、予めUSBに仕掛けられた指令起爆装置を起動させ、オリジナルのデータを完全に破壊しました。

2:映画「アンフェア the answer」の続きはあるの?

映画が素晴らしかったのか、今回の映画「アンフェア the answer」の続きが気になるようですね!

調べてみると、続きありましたよ!映画「アンフェア the end」が今回の映画の続きになります!映画「アンフェア the end」が映画「アンフェア」シリーズの完結編になるのでこちらの映画mのチェックしてみて下さいね!

3:まとめ

というわけで今回は、9月12日放送の土曜プレミアムで放送される映画「アンフェア the answer」を紹介しましたがいかがだったでしょうか?主人公の雪平の仲間が次々と裏切られていき、もはや誰を信じればいいかわからなくなりますね!まさにアンフェア!いや~面白い映画ですね!もちろん、文字だけでは映画の本当の良さがわからないので皆さんも9月12日放送の土曜プレミアムで放送される映画「アンフェア the answer」をぜひご覧になって下さい!

スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローお願いします!