2016年の関東と関西の夏は暑い?どんな夏になるか気温も予想しました!

ただいま、絶賛梅雨の時期ですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

管理人は梅雨は大っ嫌いなので早く梅雨明けしてほしいです。^^;

さて、そんな個人的に大っ嫌いな季節ですが、出口も見え始めています。

沖縄地方では、ついに梅雨明けが宣言されました。

例年では、およそ海の日あたりに日本各地で梅雨明けが宣言されます。

梅雨の時期が終わるといよいよ夏のシーズン!

そこで、まだちょっと早いですが、2016年の関東地方と関西地方の夏がどうなるか調べてみました!

スポンサーリンク

1:2016年の関東地方と関西地方の夏はどんな夏になる?

2016年の関東地方と関西地方の夏はどんな天気になるのでしょうか?

気象庁の長期予報によると、2016年の夏はこのような傾向になるようです。

関東・甲信地方

7月:平年に比べ曇りや雨の日が多いでしょう。

8月:平年と同様に晴れの日が多いでしょう。

降水量

7月:平均並み40% 平均より多い40%

8月:平均並み40% 平均より多い30%

関西地方

7月:期間の前半は、平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。

期間の後半は、平年と同様に晴れの日が多いでしょう。

8月:平年と同様に晴れの日が多いでしょう。

降水量

7月:平均並み40% 平均より多い40%

8月:平均より少ない40% 平均並み30% 平均より多い30%

データ参照

http://www.tenki.jp/long/three_month/10600.html

http://www.tenki.jp/long/three_month/10300.html

以上の事から予想すると、7月は例年より雨の多い天気、8月は例年通り晴れが多い夏らしい天気になるでしょう!今年の7月は例年より雨が多いなんて嫌な7月ですね・・・。(-_-)

今年の7月が雨が多い原因の1つは、今年は例年なら5月には発生する台風が今の所1つも発生していないのが関係しているかもしれません。

これは、1998年以来で、観測史上4番目の遅さで、過去のデータを見ると、台風の発生が遅い年は、7~9月に台風が集中する傾向にあります。

なので、今年の7月は例年より台風が多くなるかもしれないので、結果的に降水量が例年より多くなるのかもしれません。

1:2016年の関東地方と関西地方の夏は暑い?

それでは、2016年の夏の気温はどんな風になるか予想してみました!

気象庁の3ヶ月長期予報を見てみると・・・

関東地方

7月:平年並み 40% 平年より高い 30%

8月:平年並み 40% 平年より高い 40%

関西・甲信地方

7月:平年並み 40% 平年より高い 30%

8月:平年並み 30% 平年より高い 50%

データ参照

http://www.tenki.jp/long/three_month/10600.html

http://www.tenki.jp/long/three_month/10300.html

以上のデータを見ると、関東・甲信地方と関西地方ともに、2016年の夏は例年並みか暑くなる夏になることが予想されます!特に関西地方は今年は特に8月は例年より暑くなる夏になりますよ!

こうなる理由は、2014年から発生したエルニーニョ現象が終息して、代わりにラニーニャ現象が今年の夏に発生する可能性が高いからなんです。

ラニーニャ現象を簡単に説明すると、太平洋赤道域の中部あたりからペルー沖の海域で、海面水温が平年に比べて低くなる現象を言います。

ラニーニャ現象が発生すると、日本では気温が高くなる傾向にあります。反対にエルニーニョ現象が発生すると、日本では気温が低くなる傾向にあります。

すでに、関東地方では雨不足による水不足の報道が出ていますが、暑くなる事を踏まえると、今年は状況次第では水不足が深刻になる夏になるかもしれないですね。

雨は嫌いですが、水不足になっても困りますね・・・。

3:まとめ

というわけで、今回は2016年の関東地方及び関西地方の夏がどうなるのか予想してみましたがいかがだったでしょうか?

個人的に、暑いのはまだいいんですが、7月に雨が多いのが嫌ですね・・・。しかし、関東地方では早くも水不足の心配が出てきていますから雨が降らないのも良くないですね。

一番良いのは、寝ている最中だけ雨が降るのが一番好都合なんですよね。笑

それが一番みんなにとっても良いと思うんですけどね。笑

皆さんも、今後の天気に注目してみてはいかがでしょうか?!

スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローお願いします!