石川佳純スポンサーと試合中飲む青いドリンクは何?年収と福原愛との仲は?

今回も、開催まで1ヶ月を切ったリオオリンピックに関連する選手を紹介しようと思います!

今回は、前回のロンドン・オリンピックで銀メダルを獲得した女子卓球の石川佳純について詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

1:石川佳純ってどんな人?試合中に飲む青いドリンクとスポンサーは?

まずは簡単なプロフィールから紹介します!

石川佳純

画像引用:http://matome.naver.jp/odai/2133949422003333401/2135161829237090003

石川佳純(いしかわ かすみ)

生年月日:1993年2月23日

出身地:山口県山口市

血液型:O型

利き手:左

画像は私服姿ですが、かわいいですね!

卓球クラブの練習に連れて行かれたのがきっかけに遊び半分で卓球が、7歳の時に両親からユニフォームをプレゼントされ本格的に卓球を始めたのがきっかけです。

両親はともに卓球の選手でしたので、子供にも卓球をやらせるのは自然な事ですね。ちなみに、母親は国体にも出場経験のある人です。まさに卓球エリートの一家だったんですね。

その両親のDNAがあったのでしょう。わずか練習3ヶ月で全日本選手権の小学2年以下の部で山口県予選を2位通過し、本選でもベスト64に入りました。

本人の才能もすごいですが、両親のこの後の行動は度肝を抜かれます。

この試合結果を見て、子供の才能を感じた両親は、なんと自宅に卓球場を造りました。

才能を感じただけで、自宅に卓球場を造るなんてすごい行動力です!自分が親なら、せいぜい本格的なクラブに通わせるぐらいですね。本人の才能ももちろんですが、両親もすごい人達です。結果的には、この行動は正解だったんですが・・・。^^;

以後、母親が指導するクラブで練習し、週末は各地の大会に出場して実践経験を磨きます。

その本人の努力と両親の頑張りもあり、小学校6年で出場した2005年1月の全日本卓球選手権・女子シングルスでは高校生と大学生を破り3回戦進出し、「愛ちゃん2世」として話題になりました。

中学は、大阪の四天王寺羽曳丘中学校に進学、また福原愛がかつて在籍したミキハウスJSC卓球部に所属し、チームメイトと寮生活をするようになります。卓球のための人生を歩んでいきます。

それ以降、国内の大会でひたすら勝ち続けていきます。

主な実績を紹介すると、

・中学2年で出場した2007年1月の全日本卓球選手権大会では準々決勝で社会人の樋浦令子を4-3で破り、史上最年少でのベスト4入り。

・2007年2月26日、同年5月からの世界選手権代表のダブルスに史上最年少で抜擢。

・2008~09年の高校1年在籍中の1年間でインターハイ、国体、選抜、全日本ジュニアと高校生レベルの国内4大会を高校1年生にして完全制覇という大偉業を達成。

・2011年1月、全日本選手権シングルで初優勝。

・2015年1月の全日本卓球選手権大会で女子シングルス、ダブルス、混合ダブルスの三冠達成.

これは1960年の山泉和子以来54年ぶり2人目です。

現在もプレーしている福原愛みたいなエリート街道を歩いていますね。2人共、学生の時から国内では敵なし状態でしたね。ここまで強いと対戦相手も可哀想ですね・・・。汗

これだけ強いんですから、当然海外にも参戦しています。

・2009年世界ランク99位で出場した世界卓球選手権(個人)横浜大会ではベスト8まで進出。

・2010年1月、全日本選手権ジュニア女子の部で優勝し、史上初の4連覇を達成。混合ダブルスと合わせて、2冠を果たしました。5月の世界選手権(団体)では、日本女子の5大会連続銅メダルに貢献。

その後も、国内外の大会で活躍し、2012年6月の時には世界ランク5位まで上昇し、迎えたロンドンオリンピックでは、個人では日本勢史上最高の4位入賞、そして団体では卓球界初のオリンピックメダルとなる銀メダルを獲得しました。

当然、今回のリオオリンピックでも代表に選ばれています。ロンドンオリンピックで銀メダルでしたから、今回のオリンピックでは金メダルを獲得してほしいですね!

これだけすごい選手ですから、石川佳純を応援するスポンサー会社も多いです。

所属してる全農を始め、アシックスやTOTO、P&G等世界クラスの大企業等、そのスポンサー数は10社を数えます。

また、試合中に飲んでいる謎の青いドリンクが何なのか皆さん気になっているようですが、

調べてみると、コカコーラ社の「Powerade」というドリンクで、国際オリンピック委員会(IOC)およびFIFAワールドカップの公式スポーツドリンクとなっています。とりあえず、変なドリンクでなくて一安心です。

2:石川佳純の年収と福原愛との仲は?

さて、これだけのスポンサーに支えられてると皆さん年収がどれくらいか気になりませんか?

調べましたが、当然年収がどれくらいか正式に発表されてません。以前テレビ番組でポロッと「500万円ぐらい」と発言しましたが、管理人の推測で計算してみます。

まず、卓球の賞金ですが、公表されてませんが、あまり高くないようです。

全農に所属してますが、こちらも優勝した時のお祝い金が100万円という事ですから、こちらもそこまで高額な収入を稼いでるという事はなさそうです。

残りはスポンサー料ですが、CMギャラは3000~3500万円という事です。

ただ、トップクラスの芸能人みたいに何年もずっとCMに出るというわけではないので、あくまで臨時の収入と位置づけるのが適切ではないでしょうか?なのでCMギャラは3年に1回入ると計算します。

スポンサー社の数は10社。IMGという会社にマネジメント契約をしてるので、その手数料を差し引くと、CM料だけでも年間7000万円ほどは入ってるはずなので、大会の賞金や全農に所属している給料を含めると、年収はおよそ8000万~9500万円程ではないでしょうか?スポンサーが付くと年収が跳ね上がりますねぇ・・・。(溜息)

「500万円ぐらい」という発言は、推測ですが全農から得ている年間の給料額かもしれないです。お祝い金が100万円だったことを踏まえると、それぐらいしか貰えてないかもしれないです。

最後に、福原愛と仲が悪いという噂ですが、これは全くのデマです。

その証拠に、福原愛本人がテレビ番組でこの説を否定しています。

福原は「仲良いです。なんか不仲説が出ているみたいなんですけど」と、一部週刊誌などに書か れた記事に言及、苦笑いを浮かべつつ、「(プライベートでは)御飯行ったり。カラオケも、オリンピックが終わってから行きました。3人で無茶苦茶騒ぎまし た。ソファー乗って“オー”って」と仲睦まじい様子を語った。

文章引用:http://news.livedoor.com/article/detail/7002907/

どうも、石川佳純が福原愛に勝った時に、そのような噂が広まったみたいですね。

なにわともあれ、仲が良いので良かったです。

3:まとめ

というわけで、今回はメダル獲得の期待がかかる女子卓球の石川佳純について紹介しましたがいかがだったでしょうか?前回のオリンピックでは銀メダルを獲得しましたから、当然今回もメダル獲得して欲しいですね!そして、年齢的な事を踏まえると、次の東京オリンピックでも主力メンバーとして活躍している可能性もありますね!まさに、これからの女子卓球を引っ張る選手ですから、皆さんも女子卓球の石川佳純のリオオリンピックと今後の活躍に注目してみてはいかがでしょうか?!

スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローお願いします!