2016年夏の甲子園注目選手と優勝校の予想しちゃいます!

ついに明日、リオオリンピックが開催されます!日本選手のみなさん、怪我に気をつけてぜひともがんばってください!

さて、海外ではオリンピックですが、日本国内でも夏の甲子園のシーズンがやってきました!

今年はどんなドラマが待っているのでしょうか?

去年も甲子園の記事を書きましたが、今年も夏の甲子園の注目選手と優勝校を予想しちゃいます!

関連記事:2015年夏の甲子園の優勝候補を予想しました!注目選手も紹介します!

スポンサーリンク

1:2016年夏の甲子園注目選手を紹介!

まずは、今年の夏の甲子園管理人独自でピックアップした注目選手を紹介します!

【創志学園】高田 萌生 選手

投手/ 178.0cm72.0kg 右投右打

あの”怪物”の松坂大輔を髣髴とさせるフォームと155kmの速球が武器です。

動画を見るとわかりますが、打者は手も足も出ていません。良いストレート投げてます。

速球だけでいえば、完全にプロレベルのモノです。

【履正社】寺島 成輝 選手 

投手/ 183.0cm86.0kg 左投左打

無名高校かつ、全国でもハイレベルの大阪の中で、チームを6年ぶりの甲子園に導いた投手です。

しかもその大阪で、防御率は驚愕の0点台です!!!

この時点でいかに凄い投手かがわかりますよね?!

MAX149kmの速球を始め、スライダー、カーブ、フォーク、チェンジアップ、カットボール等

コントロールも良さそうですし、投手としての能力が高い選手です。

しかも左投手ですから、どの球団も欲しい選手でしょう!

もちろんスカウトされれば、1年目から即戦力として活躍するのは間違いなさそうです。

【横浜】藤平 尚真 選手

投手/ 186.0cm79.0kg 右投右打

名門横浜高校のエース投手です。

恵まれた身体から繰り出さられる最速153kmのストレートは魅力です。

しかも、そのストレートは試合終盤でも150km出る時もあります。スタミナ能力も高い証拠です。

ストレート以外にもスライダーとフォークも投げます。

身体能力の高さは中学時代から発揮されていて

中学時代は陸上競技・走り高跳びでも活躍し、全中2位入賞、ジュニアオリンピックVを果たしたほどです。

この身体能力の高さを見ると、これからの成長も期待できる投手ですね。楽しみです!

2:2016年夏の甲子園の優勝校をズバリ予想しちゃいます!

それでは、2016年夏の甲子園で優勝旗を手にする高校は果たしてどの高校なのでしょうか?!

今年の甲子園に出場する高校を見ると、強豪・古豪・初出場校等バラエティー豊かで面白いです!

その中で、管理人が予想する優勝校は多くの人が予想しているであろう

横浜高校です!

激戦区の神奈川県で圧倒的な強さで突破した甲子園常連の名門校です。

今年は、投手は先ほど紹介した藤平 尚真選手、野手はプロ注目の村田 雄大選手公家 響選手を中心に

神奈川県大会では12本のホームランを打ち、チームの打率も.600を記録しました。

もう圧倒的な強さを誇っています。

投打にハイレベルな選手を揃えている横浜高校がズバリ今年の夏の甲子園を制覇するのではないでしょうか?!

もちろん、横浜高校以外にも、強豪校揃いの大阪で防御率0点台を叩きだした寺島 成輝選手のはじめ、

5度のコールド勝ちした攻撃力は、こちらも抜群の履正社高校も優勝する可能性は十分にあります! 

3:まとめ

というわけで、今回は2016年夏の甲子園注目選手と優勝校を予想しましたがいかがだったでしょうか?

甲子園とは話がずれますが、今年は高校生以外にも有力選手が揃っており、ドラフトは大豊作の年となりそうです。

なので、今年の甲子園はプロの卵の選手がたくさん出てきそうな年なので、今年の甲子園はより面白そうな甲子園になりそうです!

リオオリンピックも行われますし、テレビに忙しそうな夏になりそうです・・・。汗

皆さんも、2016年夏の甲子園をチェックしてみてはいかがでしょうか?!

スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローお願いします!