プレミアムフライデーは公務員や対象企業が対象で学校は関係ない?

もうすぐ2017年ですね!

もうすぐ新しい年が来ますが、

実は2017年に新たに「プレミアムフライデー」という計画が

実施されることをご存知でしたか?

今回は、2017年に行われる「プレミアムフライデー」について調べてみました!

スポンサーリンク

1:プレミアムフライデーとは?公務員や対象企業が対象で学校は関係ない?

まず、プレミアムフライデーとは何かから説明します。

プレミアムフライデーとは、個人の消費を促すために

月末の金曜日の仕事を午後3時に終わらせるようにする計画の事です。

余った時間を買い物等に当てて国民にお金を使うように促すために、

産業界もこの日に連動してイベント等を行うようにします。

背景には、「平成32年をめどに名目国内総生産(GDP)の600兆円」

という政府が掲げた目標を実現させるために

個人の消費をアップさせたい考えがあるみたいです。

スタートする時期も決まっており、来年の2017年2月24日に開始。

2回目以降も月末の金曜日を軸に実施する計画です。

対象地域は全国で、業種も関係なく行われます。

企業も動いていて、

日本橋地区の百貨店が不動産と連携して企画を練ってたり、

旅行代理店も関連した旅行プランを

出す可能性を示唆しています。

記事参照:http://diamond.jp/articles/-/111277

政府が呼びかけるんですから、スタート時に公務員が行うのは間違いないでしょう

気になるのはどういう企業が参加するのでしょうか?

調べると、少なくとも経団連会員の企業に参加するよう呼びかけるみたいです。

経団連会員の企業は間違いなく大手企業でしょうから、

対象企業は大手企業で中小企業は関係ないでしょうか?

記事参照:http://news.livedoor.com/article/detail/12395303/

なお、公務員の中で学校も対象に入りそうですが、

管理人が調べた限り、プレミアムフライデーに連動して

授業の時間も月末の金曜日に15時で終わらせるような動きは今のところないので、

学校は対象外なのもしれません。

ちなみに、経団連と経済産業省のインタビュー記事によると、

接客業の方々はまったく関係なく、

むしろプレミアムフライデーの日には忙しくなってしまいます・・・。(泣)

記事参照:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161213-00010001-bfj-soci

関係ない話になりますが、この記事の最後あたりにある経団連担当者の

「月1回退社が早まっても、そんなに困らないのではないでしょうか」

という発言には笑ってしまいました。ww

プレミアムフライデーに対しての世間の評判は厳しいです。

https://twitter.com/mrmbackdoor/status/809168905700638721?lang=ja

個人的にも、忙しい月末の金曜日を午後3時に終わらせる事ができるのは

公務員と一部の企業だけでしょうし、

仮にうまくプレミアムフライデーが浸透しても、給料が上がったわけではないので

お金を使わずにまっすぐ家に帰る人が大多数ではないでしょうか?

無料で見れるコンテンツ(Youtubeや無料漫画アプリ等)は、

余暇時間が増えるから見る人が増える可能性がある等

経済的にまったく無意味とまではいいませんが・・・。

消費を促させるために政府にできるのは、安心な老後を送れるような社会保障を充実させるとか、

新しい企業やサービスを生み出すための規制緩和や、

単純に(時限的にでもいいので)消費税等の減税等そういった事ではないでしょうか?

個人の消費を促したいのはわかるんですが、イマイチ方向性のズレっぷりを感じますね。^^;

2:まとめ

というわけで今回は、来年の2017年2月24日に実施される

プレミアムフライデーについて調べましたがいかがだったでしょうか?

正直、個人的にはそんなイベントより他にやるべきことあるだろうと思うんですが、

プレミアムフライデーをきっかけに労働時間に関して

世間が考え直すようになったら行う意味もあるのかな?

まぁプレミアムフライデーをきっかけに何か良い方向で変わればいいなと思います。

皆さんも、プレミアムフライデーに注目してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローお願いします!