安藤友香の出身中学や高校はどこ?フォームの秘密は?

12日に世界陸上選手権の代表選考会を兼ねた名古屋ウィメンズマラソンが行われ

陸上界のニューヒロインが誕生しました!

マラソン初挑戦にもかかわらず、

いきなり世界陸上選手権に内定となった安藤友香です!

そのタイムが初マラソンにもかかわらず2時間21分36秒で

いきなり日本女子歴代4位の好タイムを叩き出しました!

初めてのマラソン選手とは思えない記録ですね!

これからマラソンの練習を重ねればさらに記録が伸びるんですから

期待しちゃいますね!

それでは、今回は陸上界のニューヒロイン安藤友香について

詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

1:安藤友香ってどんな人?出身中学や高校はどこ?

まずは簡単なプロフィールから紹介します。

ando-yuka

安藤友香(あんどう ゆか)

生年月日:1994年3月16日

出身地:岐阜県

身長:161cm

体重:43kg

海津市立日新中学校に在学中から陸上競技に打ち込み始め、

中学校時代には皇后盃全国都道府県対抗女子駅伝競走大会に

2度岐阜県代表として出場していずれも第3区を走っています。

中学卒業後は、陸上の名門である豊川高校に進学しています。

高校時代にも全国高等学校駅伝競走大会女子の部では

メンバーとして1年には2区を、3年の時には1区を走って総合優勝に貢献しました。

ここまでは、女子陸上のエリートコースを順調に進んでいましたが

高校卒業後は、ミズノが運営するチームミズノアスレティック入りするも、わずか2年で時之栖へ移籍します。

しかし、その時之栖でもうまくいかずに

2014年に現在のスズキ浜松アスリートクラブへ移籍します。

本人は、「これまで、チームに合わないのを人のせいにしてきた。

自分のわがままで何度も移籍して周りに迷惑をかけた」と振り返っています。

参考:https://www.daily.co.jp/general/2016/05/06/0009053538.shtml

スズキ浜松アスリートクラブに移籍すると、

現在も指導しているコーチの里内正幸の出会いにより、飛躍のきっかけになった現在の

乙女走り(忍者走り)のフォームに改造します。

フォーム改造の成果が出たのか、

2016年、世界ハーフマラソン選手権大会に日本代表として出場して日本人最高の10位と奮闘、

そして12日に行われた名古屋ウィメンズマラソンではリオオリンピック銀メダリストの

ユニスジェプキルイ・キルワに続く2時間21分36秒で2位で

規定により世界陸上選手権に内定しました。

初マラソンでこれですから、これからの活躍がおおいに期待されます!

2:安藤友香のフォームの秘密は?

それでは、飛躍のきっかけになった乙女走り(忍者走り)のフォームとはどんなフォームなのでしょうか?

通常の走るフォームだと、腕を振って走りますが、これだと一歩の歩幅が大きい分

足にかかる負担が大きくなり、最後まで続けるが大変です。

一方、安藤友香のフォームは乙女走り(忍者走り)と言われる通り、

腕を下げ、体の上下運動が少ないのが特徴です。

一歩の幅が少なくなるので、歩数が多くなりますが負担が少なく効率的です。

前を走るユニスジェプキルイ・キルワと比べると、体の上下運動が少ないのが

わかりますでしょうか?

安藤友香のフォームについてQちゃんことシドニー五輪金メダリストの高橋尚子は以下のように述べています。

「馬軍団はダチョウのように上下運動の少ない効率のいい走りを目指していたと思う。

安藤さんも、効率的で上下運動が少なく、

ピッチを刻む。マラソン向きの走り。マラソンの完成形のような走りだと思う」と、分析。

文章引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170313-00000031-dal-spo

一見独特ですが理にかなったフォームと言えそうですね。

一般マラソンランナーも参考になる点があるのではないでしょうか?

3:まとめ

というわけで、今回はマラソン初挑戦で

いきなり世界陸上選手権に内定となった安藤友香について紹介しましたが

いかがだったでしょうか?

女子マラソン界は、野口みゆき以降成績はパッとしませんでしたが

今回の安藤友香については期待できるかもしれないですね。

まだ気が早いですが、これからマラソンの練習を重ねていけば、久々のメダリスト誕生の可能性もあるかもしれないですね。

というわけでみなさんも、安藤友香のこれからに注目してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローお願いします!