消費税10%に増税の時期が2017年4月に決定!増税すべきか考えました!

消費税が8パーセントになりましたが、皆さんの生活はいかがでしょうか?円安や原料価格の高騰で、色々な物が値段が上がっているのに、消費税8%って痛いですね~。そして、そんな中、我々の生活をさらに苦しくさせるニュースを見ました!

 2015年度税制改正関連法が31日、参院本会議で自民、公明、次世代の党などの賛成多数で可決、成立した。

 

 消費税率10%への引き上げ時期を、当初の予定から1年半先送りして17年4月とすることが決まった。景気が悪化した時に増税を停止できる「景気条項」は削除された。

 14年4月に消費税率が8%に引き上げられた後、個人消費の回復が遅れている。

 15年度税制改正では、景気の底上げを図る。親や祖父母から受け取った結婚や子育ての資金について、1000万円まで贈与税を非課税とする。企業のもうけにかかる実質的な税負担の割合である法人実効税率(標準で34・62%)を2・51%引き下げる。

引用:http://www.yomiuri.co.jp/economy/20150331-OYT1T50151.html

つまり、2017年4月に消費税が10%に上がるんですよね~。しかも、これは景気がどうなっても上げると決定されたんですよ~。(泣)10%って、けっこう大きいですよね!1000円の商品が2017年には1100円になるんですから。しかし、あまりメディアでは取り上げられていないですね?どうしてなんでしょうか?それはとにかく、今回は、消費税を上げる事にした背景と、個人的に増税は適切なのか考えてみました。

※2016年7月12日追記

その後、安倍首相は、消費税10%引き上げを2年半後の2019年10月に再延期する事にしました。

この前の参議院選挙でも与党が過半数以上を獲得しましたから、再延期が決定です。

消費税が上がる期間が後になったので、とりあえずは一安心ですね。

消費税引き上げ頃に、少しでも景気が良くなっているといいんですが・・・。

 

スポンサーリンク

1:消費税はどうしてこの時期に上げる事にしたのか?

まず、消費税を上げる背景としては、少子高齢化により、今の社会保険の制度を支えるのが難しくなってきている上、消費税以外の主要の税というと、所得税や法人税があるのですが、この2つの税は、景気の動向によって国に入ってくる税収が変わっていくという性質があるんです。つまり、税収の金額が安定しません。一方、消費税は、景気の動向に左右されにくく、国にとって安定した収入源なんです。また、所得税や法人税は、働く世代に対してのみ負担が増えていきますが、消費税だとみんな支払っているので幅広い世代から徴収できるので、不公平感が少ないというメリットがあります。

時期が2017年4月になった理由としては、もともと2015年の10月に10%にする予定が、衆議院解散・総選挙の際に安部首相が17年4月に変更する、そして景気条項は削除すると言及していたので、この時期に増税するのは、選挙の結果からすればある意味「当然」の事だったんです。なぜなら、安部首相の考えに国民は、選挙の結果から見れば(皆さんの思いは色々あるでしょうけど)一応は支持したと言えるのですから。

安倍晋三首相は18日夜、首相官邸で記者会見し、2015年10月に予定される消費税率10%への引き上げを1年半延期し、17年4月に変更するとともに、21日に衆議院解散・総選挙に踏み切る意向を正式に表明した。17日に公表した7~9月期の実質国内総生産(GDP)が2四半期連続でマイナス成長となったことや、有識者による政府の点検会合での意見などを踏まえて最終判断した。ただ「再び延期することはない」と断言した。

 17年4月の再増税に関しては「(経済情勢を踏まえて増税の可否を見極める)景気判断条項を付すことなく確実に実施する」と表明。2020年度の財政健全化目標は「しっかり堅持していく。来年の夏までにその達成に向けた具体的な計画を策定する」と述べた。

引用:http://www.nikkei.com/money/features/69.aspx?g=DGXLASFL18HD6_18112014000000

2:増税は適切か?アラサー・ゆとり世代の管理人が思うこと

さて、ここからは、消費税増税についてアラサー・ゆとり世代の管理人しょうの個人的な意見を述べようと思います。結論から言うと、個人的には増税を行うのはまだ早いのじゃないのかと思います。理由として

1:2年後に景気は回復しているのかというと疑問

増税は、2年後に行われますね。そうすると、前提としてやはり景気はある程度回復してから増税を行うべきだと考えています。しかし、現段階では景気は(一部では)前よりは良くなっているものの、全体的に景気回復というのは、まだまだ先のように思います。

 トヨタ自動車の2015年春闘は15日、賃金水準全体を底上げするベースアップ(ベア)に当たる賃金改善分を月額4000円とすることで事実上決着した。現行の要求方式となった02年以降で最高となる。年間一時金(ボーナス)は要求通りの月給6.8カ月分(約246万円)と5年連続で満額回答する。工場で働く非正規の期間従業員も日給を300円引き上げる方向だ。経営側が18日に正式回答する。

引用:http://mainichi.jp/select/news/20150316k0000m020063000c.html

大企業は、上記の記事のように景気が良い話がありますが、そんなのは全体的に見れば極一部だと思います。

帝国データバンクは11月14日から30日にかけて、2015年の景気見通しに対する企業の意識調査を実施。その結果を12月11日に発表した。調査対象は全国の企業2万3,475社で、有効回答企業数は1万516社。

 発表によると、2014年の景気動向について聞いたところ、「回復」局面だったと回答した企業は7.8%にとどまり、前年の調査(2013年11月)の26.2%から大きく減少した。さらに、「悪化」局面だったと回答した企業は28.9%に達し、前年の調査の8.0%から大きく増加した。このほかの回答は、「踊り場局面」が48.1%、「分からない」が15.1%。

 また、2015年の景気見通しを聞いたところ、「回復」を見込んでいる企業は13.4%で、前年の調査の23.7%から約半分に減少。「悪化」を見込んでいる企業は26.8%で、前年の調査の16.5%から増加した。「踊り場局面」は35.5%、「分からない」は24.3%。

 2014年は円安や原油・素材価格の高騰が続いたことから、中小企業を中心に景気に慎重な判断をする企業が増えているようだ。

引用:http://moneyzine.jp/article/detail/212539

私の周りを見ても、給料が上がったとか、お客さんが増えたとか、ボーナスが増えたとかという景気の良い話は聞かないですね。相変わらず、皆苦しいです。私の年代で、フリーターや派遣社員も珍しくありません。しかも、このごろは円安や原材料の高騰などで、商品の値段が上がってきています。

関連記事:ミスタードーナッツ値上げ?!2015年今後値上がりするものは?

このような状況は、一朝一夕で好転すると思えません。もちろん、人手不足によりアルバイトの時給が上がったり、大企業は業績が良くなっているので、上向いている感もありますが、たった2年で景気が良くなるとは考えにくいです。景気を良くするのに必要な規制緩和も進んでいません。そうなると、2年後に増税というのは、まだ時期的には早計だと思います。もう少し時間をかけないと、せっかく良くなった景気に水を差すことになると思います。

2:現状の社会保険制度をたった2%の消費税増税でどうにかするのは無理

消費税の増税の根拠の一つとして、社会保険の制度を賄うために増税を行うみたいですが、仮に今の伸びのまま国の税収が伸びるとしたら、単純に言うと1%増やすと、税収が2兆円増えます。もちろん、消費税を増やした影響で景気が悪くなって他の税金の税収が少なくなる等の可能性はありますが、今回は単純に考えます。しかし、それでも、10%にしたら、国の税収は現状より4兆円増えるだけなんです。

日本では、お年寄りがどんどん増えていますから、国の社会保険費用がグングン右肩上がりで、毎年1兆円ずつ増えていってます。つまり、仮に増税しても4年経てば、消費税増税分はチャラになります。今後ますますお年寄りが増えていくことを考えると、現状の社会保険制度を抜本的に変えていかないと、消費税を増税しても意味がないです。それとも国は、今後税金を無限大に増やしていくつもりなのでしょうかね?

3:まとめ

というわけで、今回は消費税が10%に上がる背景と個人的な見解を述べましたが、いかがだったでしょうか?安部首相は頑張っているとは思いますが、やはり規制緩和や社会保険制度を抜本的に変えていき、収入を増やしながら、支出を抑えていかないと、国民や企業にこれ以上税金を増やすのは難しいと思いますよ。苦しい思いをするのはもう十分ですから、これからは少しでも国民の生活が楽になるようにお願いしたいですね。

P.S

文字数にして3000文字以上の長い記事になりました。しかも、堅い内容の記事ですので、どのくらいいらっしゃるかわかりませんが、最後まで読んでくれてありがとうございました。m(__)m

スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローお願いします!

コメント

  1. たそがれ裕次郎 より:

    消費税増税は法人税減税の原資、8%になって今年法人税が減税になった。ナニよりの証拠です。日本の税制は弱い所から取る、歴代政府は悪代官ばかり。
    あと2%上げても社会保障費は解決できません。次から次へと上げるしかない、どこまで行くのか解らない。
    なぜ社会保障費は消費税でなければいけないの?ガッポリ溜め込んだ大企業の内部留保、何億という高額所得者、分離課税で投資で儲けた人や企業、なぜこういう所から徴収しないのか。富裕税という話は国内では聞かないが、税制の基本は金持ちから取って貧乏人に再分配する、でしょ。なぜ誰も富裕税と言わないのか。日本は国民も政治家も頭がおかしい。