アルジャーノンに花束をの原作のあらすじは?結末はどうなるの?

本日からいよいよドラマ「アルジャーノンに花束を」が始まりますね!この記事が更新される頃には、おそらくもう始まっているでしょう。(^_^;)

それに関連して、出演者の工藤亜須加さんについて記事を書きました。

関連:アルジャーノンに花束をに出演の工藤亜須加の性格は?実はディズニー好き?

そして、今日の記事を考えている最中に、この「アルジャーノンに花束を」のドラマは以前、ユースケさん主演ので見た事はあるのですが、原作の方は見ていなくて、原作の内容が気になってきました!笑

なので、本日は、本日放送されるドラマ「アルジャーノンに花束を」の原作について紹介したいと思います!

※今回の記事は、原作「アルジャーノンに花束を」についてネタバレ内容が含まれていますので、内容を知りたくない人は、他の記事を読んでいただくようお願いいたします。m(__)m

 

 

 

スポンサーリンク

1:原作「アルジャーノンに花束を」ってどんな内容なのか?そして結末は?

「アルジャーノンに花束を」は、アメリカ合衆国の作家ダニエル・キイスによって書かれたSF小説です。ダニエル・キイスはこの作品を生み出すために作家になったんじゃないのかと思ってします。なぜなら、ヒューゴー賞を受賞した時のやりとりで、ダニエル・キイスは、この作品がどうして出来たのかわからない、私に教えてほしい。と発言したからです。そして、彼はまた、もう一度あんなものを書いてみたいと発言してる事から、この作品を生み出すために何かに導かれたような気がします。

それでは、原作のあらすじを紹介します!

主人公のチャーリィ・ゴードンは知的障がいを持つ精神年齢が6歳である32歳の青年です。彼は周囲に笑顔を振りまき、誰にでも新設であろうとするとても優しい性格の人です。しかし、彼には過去に母親に捨てられた過去を持っています。彼は、伯父のパン屋で働く傍ら、知的障がいのクラスに通っています。

ある日、クラスの監督である大学教授に、最近できた新しい脳手術を勧められます。その新しい脳手術を受けたハツカネズミのアルジャーノンと迷路対決をするが負けてしまいます。日頃から、頭が良くなりたいと願っていたチャーリィは新しい脳手術を承諾します。

手術は成功し、IQ68だったチャーリィは、IQ185を持つ天才となりました。テャーリィは大学で勉強する事を許され、知識を得れる喜び、難しい問題を解く楽しさを得ていきます。しかし、頭が良くなった結果、自分が友達だと思っていた仲間にいじめられた事や、お母さんに捨てられた事等知りたくない事も知っていくようになります。

さらに、知能が発達した一方、精神年齢はそのままだったため、知能と精神のバランスが取れず、周囲とうまくなじむ事ができませんでした。その結果周囲を見下すようになり、周りから孤立していきました。そんな中、唯一心を許していたのは、同じ手術を受けたハツカネズミのアルジャーノンでした。

そんなある日、先に手術を受けていたアルジャーノンが突然異変を起こしました。チャーリィは、この異変の原因を調査しました。すると、受けた脳手術には、2つの重大な欠点があった事がわかりました。

1つ目は、手術は一時的に知能を発達させるが、精神がそれに追いつかず社会性が損なわれる事。

2つ目は、ピークに達した知能は、やがて失われ元よりも知能は低下していく事。

彼は、失われていく知能の中、必死に対策を探していくが見つけられません。やがて、元の知能よりも低下していったテャーリィは、もはやパン屋に働く事もできないと悟り、自ら障がい者施設に入所します。

テャーリィは、経過日誌の最後に大学教授あてにこのようなメッセージを残します。

「うらにわのアルジャーノンのおはかに花束をそなえてやてください」

2:まとめ

というわけで、今日から放送される「アルジャーノンに花束を」の原作のあらすじと結末を紹介しましたが、いかがだったでしょうか?実は、ユースケさんが演じたドラマと原作とでは、結末が異なっています。詳しくは書きませんが、ドラマのほうがハッピーな結末でしたね。見ましたけど、これはこれでとても良い結末だったと個人的には思いますよ。さて、山下さんが演じるドラマ「アルジャーノンに花束を」はどのような展開を迎えるのか、個人的にも期待してます!皆さんも、ドラマ「アルジャーノンに花束を」をチェックしてみてはいかがでしょうか?!

スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローお願いします!