かっこいい石川祐希の性格は?大学の学部は?イタリア武者修行はどうだった?

今日もテレビ欄をチェックすると、5月17日放送の「ボクらの時代」に石川祐希選手が出演されますね!石川祐希選手は、大学に在学中でありながら、東京五輪の強化選手に選ばれたりと、日本男子バレー期待の新星です!これは、個人的に気になってきたので今日は、石川祐希選手について調べてみました!

スポンサーリンク

1:石川祐希選手ってどんな人?大学の学部は?イタリア武者修行はどうだった?

まずは、簡単なプロフィールから紹介しますね!

石川祐希(いしかわ ゆうき)

生年月日:1995年12月11日

出身地:愛知県

身長:191cm

血液型:AB型

姉の影響で、小学4年生からバレーボールを始めます。中学時代は、愛知県選抜メンバーに選ばれたり、チームを全国準優勝に導くなど、この頃からすでにバレーの才能を発揮させ始めます。高校は、愛知県内のバレーの強豪校である星城高校に進学します。高校入学後は身長が伸びた事もあり、エーススパイカーに成長。高校2年生からエースとして活躍し、高校3大タイトルであるインターハイ、国体、選手権の3冠を達成。この活躍により全日本ユース代表にも選ばれ、高校3年生の時にもキャプテンとして2度目のンターハイ、国体、選手権の3冠を達成します。圧倒的過ぎてもはや国内には向かうところ敵なしですね。敵なし状態が記録にも出てて、公式戦99連勝です。ここまで勝ちすぎると、本人のモチベーションが心配になるレベルですね。(^_^;)

高校卒業後、中央大学法学部に進学します。大学に入って、いきなりスタメンに選ばれ、関東大学1部リーグを優勝に導きます。そして、2014年5月に全日本代表に選ばれます。

2015年1月から3か月の間、大学に所属しながらイタリアバレーボールリーグの「パッラヴォーロ・モデナ」への期限付き移籍をします。パッラヴォーロ・モデナとは、多くの各国の代表クラスの選手が所属するセリアA1で11回の優勝経験があり、コッパ・イタリア決勝でも勝って、11回目の優勝を果たした強豪です。チームのメンバーを見ても、ブラジル代表やイタリア代表の選手等、世界のトップの選手ばかりです。サッカーでいう、レアルマドリードやバルセロナみたいなチームでしょうね。そんなチームに期限付きでも移籍したんですから、石川選手の才能はそれだけすごいんでしょうね。

世界トップクラスの強豪チームだったのもあり、残念ながら移籍している最中はあまり出場機会に恵まれなかったです。しかし、各国の強豪選手が集まるチームなのもあり、ともに練習や生活を共にするだけでも大きな収穫があったようです。プレーにも変化があったようです。大学の監督が、イタリアから帰国した石川選手をこのように語っていました。

中央大学の松永理央監督も「(イタリアからの帰国後は)ショートサーブを効果的に使うようになり、攻撃に入るタイミングやスピードが一段と速くなった」と言うように、プレーの面でもこれまでとは違う変化、成長の証が見て取れるようになった。

引用:http://sports.yahoo.co.jp/sports/volley/japan/2015/columndtl/201505100002-spnavi

イタリアでの経験を活かして、さらなる成長をしてバレーの男子日本代表を引っ張って欲しいですね!

2:石川祐希選手の性格は?

そんな石川選手の性格について調べてみると、コミュニケーション能力が高く、順応力が高いという事がわかりました。それゆえか、先輩に対してもタメ口で冗談を言い合っているそうです。笑

しかし一方で、アスリートらしくバレーについては負けず嫌いな性格が出ます。銀メダルに終わったアジア大会について、本人は「負けて終わっているので悔しさしかない」と語っております。最近の若いスポーツ選手ってあまりこういった感情を表に出さないのでいいですね!この悔しさが、成長に繋がっているでしょうね。

3:まとめ

というわけで、今回は5月17日放送の「ボクらの時代」に出演する石川祐希選手について紹介しましたがいかがだったでしょうか?まだ19歳と若いのに、これからが楽しみな選手ですね!残念ながら、日本の男子バレーのレベルは世界に比べて低く、北京五輪には出場しましたが、いかんせん五輪の出場もなかなか難しいのが現状です。石川選手の活躍がきっかけとなって、日本の男子バレーのレベルがアップするといいですね!というわけで、皆さんも5月17日放送の「ボクらの時代」を見て石川祐希選手の今後に注目してみてはいかがでしょうか?!

スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローお願いします!