映画「ハリーポッターと賢者の石」のあらすじと結末をネタバレで紹介します!

今日もテレビ欄をチェックしていると、5月22日放送の金曜ロードショーでついに映画ハリーポッターシリーズ第1弾の「ハリーポッターと賢者の石」が放送されますよ!今回の映画は、日本ではもちろん世界で大人気の小説ハリーポッターシリーズの第1弾の原作を映画化したものなんです!そりゃあ絶対おもしろいですよ!というわけで、今回は映画「ハリーポッターと賢者の石」の内容を紹介しますね!

※今回の記事は、映画「ハリーポッターと賢者の石」のネタバレ記事となっております。内容を知りたくない方は、他の記事をご覧下さい。m(__)m

スポンサーリンク

 

1:映画「ハリーポッターと賢者の石」のあらすじは?

それでは、映画「ハリーポッターと賢者の石」のあらすじを紹介しますね!

ハリー・ポッターは幼い頃に両親を失い、母の妹であるペチュニアおばさんに引き取られています。しかしペチュニアおばさんとバーノンおじさん、その息子のダドリーは意地悪で、ハリーにいじめや虐待を行っており、ハリーは苦しい生活を送っていました。

ハリーが11歳になった時、そんな生活に転機が訪れます。ハリーの元に魔法魔術学校「ホグワーツ」への入学許可証が届きました。ハリーの両親は優秀な魔法使いで、闇の魔法使い・ヴォルデモートとの戦いに敗れて亡くなったのです。魔法界でハリーはヴォルデモートから生き延びた男として有名人でした。真実を聞いたハリーはホグワーツへの入学を決意します。

学校へ向かう特急列車に乗ると、ハリーは赤毛のロン・ウィーズリーという男の子やハーマイオニー・グレンジャーという女の子と知り合いました。ホグワーツに入学したハリー達は、魔法の勉強と修行の日々に明けくれます。3人はハロウィーンの日のトロール騒ぎ等を通じて仲良くなりました。充実した学生生活を送っていましたが、魔法薬学のスネイプ先生に嫌われていることだけが少し気がかりでした。

トロール騒ぎの日から3人は魔法薬学の教師「セブルス・スネイプ」が「禁じられた廊下」に隠された「なにか」を盗もうとしていると疑っていました。なぜなら、スネイプは、ハロウィーンの日のトロール騒ぎの中で、一人4階に向かい、待ち受けていた三頭犬に足を噛まれていたからです。3人は図書館に足繁く通い、ハグリッドがうっかり漏らしたニコラス・フラメルの事を調べようとしました。

そして3人はついにフラメルが所有する「賢者の石」の存在を知り、またその石が学校内に隠されている事も知ります。ハリーはスネイプが、クィレル先生を脅している場面を見て、スネイプが石を手に入れようとしていると考えました。3人が石を盗みに行ったスネイプと思っていた人物を追うと、その男はクィレル先生でした。クィレル先生はヴォルデモート卿の内通者で、体の一部にヴォルデモートを憑依させていました。

 

2:映画「ハリーポッターと賢者の石」の結末は?

それでは、映画「ハリーポッターと賢者の石」の結末を紹介します!

クィレルは部屋にあった「みぞの鏡」から賢者の石を取り出そうとするが、どうして取り出せない。しかし、ハリーがその鏡を覗くと賢者の石は姿を現し、ハリーのポケットに入っていった。

ハリーを殺して賢者の石を手に入れようとするクィレルだが、ハリーに触っただけで火傷を追ってしまい、死亡してしまいます。憑依した人間が死んだために、ヴォルデモートは再び体を持たないままの姿で逃亡しました。

ハリー達の奮闘を知ったダンブルドア校長は、年度末の寮対抗杯でグリフィンドール寮に追加点を入れ、グリフィンドールが寮杯を獲得し、ハリーは一躍、学校の人気者となりました。

3:まとめ

というわけで、今回は5月22日放送の金曜ロードショーで放送される映画「ハリーポッターと賢者の石」の内容を紹介しましたがいかがだったでしょうか?!ハリーポッターの映画はまだ続編がございますが、とてもおもしろい内容でしたね!文字だけで内容をお伝えしましたが、映像で見るともっと面白くなる事間違いなしですよ!皆さんも、5月22日放送の金曜ロードショーで放送される映画「ハリーポッターと賢者の石」をぜひご覧下さい!

スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローお願いします!