初優勝の照ノ富士強いぞ!出身は?性格と彼女は?

さきほどニュースで照ノ富士が優勝しましたね!おめでとうございます!横綱白鵬が優勝するかなと思っていましたが、敗れたため優勝が決まったようですね!勝手に白鵬が優勝と思ってしまってすいません!しかし、私この照ノ富士というお相撲さんを詳しく知らないので、今回のニュースで興味を持ちましたよ!というわけで、今回は照ノ富士について調べてみました!

スポンサーリンク

1:照ノ富士ってどんな人?出身は?

照ノ富士

画像引用:http://matome.naver.jp/odai/2142677406943289101/2142677755246217303

まずは簡単なプロフィールを紹介しますね!

照ノ富士春雄(てらのふじ はるお)

本名:ガントルガ・ガンエルデネ

生年月日:1991年11月29日

出身地:モンゴル国ウランバートル市

身長:191cm

体重:180kg

所属部屋:伊勢ヶ濱部屋

出身地は、モンゴルのウランバートル市という所なんですね。ちょっと調べてみると、ウランッバートル市はモンゴルの政治・経済の中心地で、中国からロシア(欧州)に至る国際鉄道の主要な中継地で、行政的には「首都特別区」と呼ばれ、県と同等の地位を与えられているんです。なので、モンゴル国内では重要な市となっています。横綱だったあの朝青龍もこの市の出身です。

横綱白鵬のお父さんに柔道等を通じて素質を見出されて、相撲をするように勧められたのがきっかけで、鳥取城北高校に相撲留学に行き、2009年3月に高校に編入します。。高校卒業後は、プロの道に進みます。

幕下まで全ての段を1場所で通過するなど順調な出世を見せ、2013年9月に新十両に昇進します。十両は、相撲界でプロの選手になったわけですから、力士にとっても所属する部屋にとっても大きい事なんです。でも、相撲を初めて4年ほどで十両に昇進とは、白鵬のお父さんの確かな眼力に驚くばかりです。

新十両として迎えた9月場所も勢いは止まらず、12勝3敗で十両優勝を果たします。その後も、組み合った状態から鼻血が出るハプニングもありましたが、2015年3月には土俵以来所要23場所で新関脇になります。これは、1958年以降初土俵(幕下付け出しを除く)としては9位のスピード昇進です。そして、本日2015年5月24日に初優勝を決めました。初土俵から25場所での優勝は歴代3位のスピード記録です。こうして振り返ると、スピード出世ですね!メキメキと台頭してますし、相撲界の次なるスター力士ですね!

2:照ノ富士の性格は?彼女はいるの?

そんな照ノ富士の性格を調べると、色々とかわいい性格なのがわかりましたよ!なにせ、お化けが恐くて1人部屋を拒否した事もあるんです。そして注射の針も恐いんです。かわいいですね!^^その画像がこちらです!

また、彼は家族思いの性格の主なんです。なんでも、お父さんは経営する会社が倒産してしまいました。妹も小学6年生です。照ノ富士の家族は、苦しい生活を送っています。なので照ノ富士は、モンゴルの両親には今も月に15万円から20万円の仕送りを続けています。泣かせる話ですね・・・。

話が変わりますが、照ノ富士は彼女がいるのでしょうか?ちょっと調べてみると、モンゴルにいた時には、彼女がいたみたいですね!しかし、現在はその彼女とは別れてますし、その後もいたりいなかったりという感じです。まぁ、今回初優勝を果たしたんですから、これからたくさんの女性が寄ってくると思いますよ!^^

3:まとめ

というわけで、今回は初優勝を果たした照ノ富士について紹介しましたがいかがだったでしょうか?今まで、横綱の白鵬の独走状態が続いていましたが、今回の照ノ富士の優勝で、独走に待ったがかかりましたね!やはり、色んな力士が優勝を競うほうが絶対盛り上がるので、これからの照ノ富士の活躍に期待ですね!というわけで、皆さんも照ノ富士の今後の活躍に注目してはいかがでしょうか?!

スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローお願いします!