映画「永遠の0」のあらすじと結末は?映画は実話を元にした作品?

永遠の0

画像引用:http://matome.naver.jp/odai/2141793431976785401/2141799587728304603

ニュースをチェックしていると、7月31日放送の「金曜ロードショー」で映画「永遠の0」が放送される事が決定しましたね!

参照:http://www.oricon.co.jp/news/2055990/full/

この作品はもともt「探偵ナイトスクープ」を手が下駄放送作家の百田尚樹が初めて書いた著作です。文庫本化されると、じょじょに人気に火がつき、2013年12月には販売本数300万部を突破し、同月には映画化もされました。映画でも歴代の邦画実写映画で6位にランクインする大ヒットを記録し、興行収入87.6憶円をたたき出し、2014年邦画興行収入第1位を記録しました。まさに原作でも映画でも大ヒットを記録した作品なんです!その作品が放送されるんですからやっぱり見るべきですよ!

今日は、映画「永遠の0」について色々と調べました。

※今回の記事は、映画「永遠の0」のネタバレを含む記事となっております。内容を知りたくない方は、他の記事をご覧下さい。m(__)m

スポンサーリンク

1:映画「永遠の0」のあらすじと結末は?

それでは映画「永遠の0」のあらすじを紹介します!

主人公の佐伯健太郎は、祖母の葬式の日に祖父の賢一郎から、血のつながりがないことを知らされます。本当の血のつながりのある祖父は、宮部久蔵という名前だと言われます。そして健太郎は姉の慶子に頼まれ、血の繋がった祖父のことを調べ始めます。

宮部久蔵特攻で戦死した海軍航空兵で亨年26歳。零戦の天才パイロットだということ、パイロットの中で一番の臆病者と言われていたことがわかります。では臆病者のはずの宮部久蔵が、なぜ周囲の反対がありながらも特攻隊に志願したのかを明らかにしていきます。

宮部は、松乃と結婚をして清子という子をのこして、特攻隊に召集されて行きました。しかし、宮部は、生きて帰ることを二人に約束して、戦場に行きますので敵機を追い払うことはしても攻撃はしないのです。それゆえ、仲間からは臆病者と言われました。

そんな宮部は、特攻隊のパイロットの教官なります。特攻隊として死なせるための訓練や教育をしていくうちに、自分だけが助かっていいのかという罪悪感や後悔の気持ちを抱き始めました。そして、久蔵は自分だけが生き延びるわけにはいかないと考えるようになり、特攻隊へ志願します。

特攻隊として出撃する日、宮部は部下である大石の戦機と自分の戦機を無理やり交換します。宮部は特攻により亡くなりますが、大石はエンジントラブルにより無事でした。実は、宮部は大石の戦機のエンジントラブルを見抜いており、部下である大石を助けるために交換したのです。

大石は戦闘機に残されたメモらしきものに気づきます。大石は一度病院にいたときに、宮部にもし戦争が終わったら人の役にたちたいと話したことがあるのです。

そして、健太郎は話を通じて大石が祖父である賢一郎である事に気付きました。

命を助けられた賢一郎はその後、宮部からの手紙に家族を助けてほしいと書いてあったこと、「松乃を宮部の代わりに守る」と決意して、松乃の世話をするようになり、少しずつ仲良くなり結婚したのだと話をしました。

健太郎は今まで聞いた話を回想し、宮部が敵船に向かってうっすら涙を浮かべ口元が笑むところで映画は終わります。

部下のために、自らの命を差し出すなんてかっこいい上司ですね!こんな事をできる上司はなかなかいないですよ・・・。家族であれ部下であれ、守るべき人がいるから人は時に自らの命を捨ててでも頑張る事ができるのかもしれないですね。

2:映画「永遠の0」は実話を元にした作品なのか?

皆さん、映画「永遠の0」が実話に基づいた物なのか気になるようですね!

調べてみたら、どうやらこの映画はあくまでもフィクションのようです。

ただ、映画で実話に基づいて使われた所もあり、例えば映画の登場する艦隊等の名前は実際に使われております。また、米空母へ突撃した宮部を、艦長が「サムライ」として丁重に葬った話も実際の日本兵のエピソードを基にしている話のようです。

完全なる創作ではなく、実話の所も盛り込んだ結果、映画も嘘くさくならず、リアリティのある作品に仕上がったのでしょうね。

3:まとめ

というわけで、今回は7月31日放送の「金曜ロードショー」で放送される映画「永遠の0」について調べましたがいかがだったでしょうか?戦争を扱った映画なので、戦争について色々と考えさせられる絵作品ですね。もうすぐ終戦記念日ですし、今年は戦後70年の節目の年です。さらに、安保法案で色々と国内で物議を醸し出している最近だからこそ、このような作品を見て我々は戦争についてよりきちんと考えていく良い機会だと思います。皆さんもぜひ、7月31日放送の「金曜ロードショー」で放送される映画「永遠の0」を見てみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローお願いします!