情熱大陸出演の河瀬直美の生い立ちと評判は?夫と子供はいるの?

今日もテレビ欄をチェックしていると、8月8日放送の「情熱大陸」に映画監督の河瀬直美が出演しますね!名前だけだと知らない方も多いかもしれないですが、只今公開中の映画「あん」の映画監督と言えば分かる人もいらっしゃるのではないでしょうか?!最近よく耳にする映画監督の一人なので興味がわいてきましたよ!

というわけで、今回は河瀬直美について詳しく調べてみました!

スポンサーリンク

1:河瀬直美ってどんな人?生い立ちと評判は?

まずは簡単なプロフィールから紹介しますね!

河瀬直美

画像引用:http://matome.naver.jp/odai/2135425607452044301/2135425712252185103

河瀬直美(かわせ なおみ)

生年月日:1969年5月30日

出身地:奈良県

本人も自ら述べていますが、生い立ちは複雑です。

両親は、本人がまだ母親のお腹の中にいるときに別居を始め、1歳半の時に離婚します。母親はその後、再婚と離婚を繰り返し、本人を育ててくれたのはなんと母の叔母とその夫でした。

もう生い立ちがメチャクチャです・・・・。よく育ってくれました。

中学時代にバスケットボールを始め、高校在学中はバスケットボール部キャプテンとして国体に出場しました。高校卒業後、大阪写真専門学校映画科を卒業。その後、8mm作品「かたつもり」等を制作し注目を集める。実父と生き別れ実母とも離別し、母方の祖母の姉に育てられた自らの特殊な境遇から制作された作品の独自性が評価されました。

1997年、最初の商業作品として制作された「萌の朱雀」にて、第50回カンヌ国際映画祭カメラ・ドール(新人監督賞)を史上最年少で受賞します。大手の映画会社で映画を作らないで受賞したんですから本当にすごい人ですね!本人の努力ももちろんですが、才能がある人ってこういう人なんでしょうね。

その後も、2007年、第60回カンヌ国際映画祭にて「殯の森」がグランプリを受賞。

2009年、第62回カンヌ国際映画祭で、映画祭に貢献した監督に贈られる「金の馬車賞」を、女性、アジア人として初めて受賞しました。

2013年、第66回カンヌ国際映画祭コンペティション部門の審査員に日本人映画監督としては初めて選出されます。

2015年、フランス芸術文化勲章であるシュヴァリエ章を、日本人女性映画監督として初めて受章。

ここ10年ほどで一気に世界に名を広めましたね。複雑な生い立ちからここまで来たんですからまさにとんでもない濃い人生を送っている人ですね。

そんな河瀬直美の評判についても調べました。

まず作品の評判ですが、これについては数々の国際的に権威のある賞を受賞しているんですから言うまでもないでしょう。

ただ、ご本人自身が複雑な生い立ちで育ったのもあるのか、負けず嫌いで話しかけにくいオーラを漂わせている感じがするようです。気の強い人なんでしょうね。

なので、テレビ番組で本人の発言が「感じ悪い」等感じる人もいらっしゃいます。

作品は素晴らしい評価を受けていますし、複雑な生い立ちで育ったのでもう少しおおらかに見てもいいんじゃないかと思います。けっして悪い人ではないですし。

2:河瀬直美に夫はいるの?子供は?

そんな河瀬直美ですが、皆さん夫と子供がどうなのか気になるようですね!調べてみました。

まず夫なんですが、一度映画「萌の朱雀」をプロデュースした仙頭武則と結婚しましたが、仕事の考え方等に違いがあり離婚しました。その後、高校時代の同級生と再婚されています。再婚相手は一般の方です。

子供については、再婚したお相手と2004年に長男を出産しています。

自分の育った家庭では色々ありましたから、自分の家庭で幸せになってほしいですね。

3:まとめ

というわけで今回は、8月8日放送の「情熱大陸」に出演する映画監督の河瀬直美について調べましたがいかがだったでしょうか?名前は聞いた事はありましたが、詳細までは知らなかったのでけっこう激動の人生を送っている人でびっくりしました。(^_^;)

でも、そのような人生を送ったからこそ素晴らしい映画を撮れるのかもしれないですね。現在放映中の映画「あん」も第68回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門のオープニング作品に決ましたし、これからの活躍に目が離せない映画監督ですね!皆さんも8月8日放送の「情熱大陸」を見て映画監督の河瀬直美をチェックしてみてはいかがでしょうか?!

スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローお願いします!