安保法案の内容を簡単に紹介します。一般人が戦争に巻き込まれる可能性は?

ニュースをチェックしていると、安保法案に関するニュースが連日報道されていますね!安倍内閣はこの法案をとにかく成立させようとしていますが、反対している方も多いです。そのせいか、最近の内閣支持率も下がってきています。ただ、安保法案の中身がどのような物なのかはあまり紹介されていません。

というわけで、今回は安保法案について管理人が簡単に紹介したいと思います。

スポンサーリンク

1:安保法案の内容とは?

安保法案とは、安全保障法案の略称で、日本の安全保障に関する法案です。

今国会で安部内閣は、その法案内にある10の法律を改正し、さらに新たに1つの新法制定をひとまとめにした安全保障関連法案の成立を目指しています。

改正される法案

1.自衛隊法
2.国際平和協力法
3.周辺事態安全確保法
4.船舶検査活動法
5.事態対処法
6.米軍行動関連措置法
7.特定公共施設利用法
8.海上輸送規制法
9.捕虜取扱い法
10.国家安全保障会議設置法

新たに制定される法律

・国際平和支援法

2:安保法案改正のポイントは?

この法案で改正される際に2つの大きなポイントがございます。

1つ目は集団的自衛権が発動できる事です。

集団的自衛権とは、簡単に言うと日本と密接な関係にある国(アメリカ等)が攻撃を受けた場合、武力を行使する権利です。

従来の日本は、この集団的自衛権を認めてきませんでした。なので、アメリカが攻撃されても日本はアメリカを攻撃する国に反撃をする事ができませんでした。

しかし、今回の法案が通れば、発動条件として3つの条件を入れながらも集団的自衛権を行使できるようになります。3つの発動条件としては、下のようになっております。

・日本と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生し、これにより日本の存立が脅かされ、国民の生命、自由と幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある「存立危機事態」

・これを排除し日本の存立を全うし、国民を守るために他に適当な手段がない場合

・必要最小限の実力を行使する

2つ目は、自衛隊の活動範囲の拡大です。

今までであれば、自衛隊は海外に行くにしても一定の範囲内の国でしか派遣する事はできませんでした。

今回の法案が通りますと、地理的条件が撤退されるので、政府は世界中どこにでも自衛隊を派遣する事が可能になります。

3:安保法案の問題点とは?

今回の安保法案ではいくつかの問題点がございます。

まず、1点目はそもそも集団的自衛権が憲法違反の可能性があるという事です。

さきほども説明しましたが、集団的自衛権とは、簡単に言うと日本と密接な関係にある国(アメリカ等)が攻撃を受けた場合、武力を行使する権利です。

しかし、自衛隊とはあくまでも日本を自衛するために結成された組織で、集団的自衛権を認めると日本を自衛するために攻撃するのではなく他国のために攻撃するようになります。

集団的自衛権を発動するために条件をつけましたが、憲法に違反している可能性があります。

実際に、衆議院の憲法審査会で参考人として呼ばれた憲法学者3人全員が「憲法違反」であると判断しております。

憲法9条により、日本は必要最小限の実力行使を容認しています。しかし、集団的自衛権はその必要最小限の実力を上回っている可能性があるので憲法違反の可能性があります。

注意してほしいのは、あくまでも憲法違反の可能性があるという事です。今回の法案が憲法違反だとは断定できません。菅官房長官は、「まったく違反ではないという著名な憲法学者もたくさんいる」と発言しております。

合憲か違憲かは最終的には最高裁が判断しますが、「不利益を被っている人」にしか裁判に訴える事はできないので一般の人が裁判に訴える事は難しいでしょう。

2点目は自衛隊の安全面です。

今回の法案が通ると、自衛隊は地理的制約を受けなくなり世界どこでも派遣される事になります。

武力攻撃事態法など改正案は、他国に対する武力攻撃であっても「存立危機事態」であれば自衛隊は「武力攻撃を排除」しなければならないと定めています。そうなると、自衛隊は「武力攻撃を排除」するために武力攻撃された国の領域へ行く可能性があります。

安倍首相はじめ政府関係者は自衛隊が他国に出ていくことはないと答弁していますが、本当に他国に行く事はないのでしょうか?

4:安保法案により一般人は戦争に巻き込まれる可能性はあるのか?

調べてみると、皆さん今回の法案で一般人が戦争に巻き込まれるのではないか心配しております。

おそらく戦争により一般人が徴兵されて戦争に行くのではないかと心配されてるのではと思います。

まず、今回の法案では、主に変わるのは自衛隊の活動範囲拡大と集団的自衛権を認める事です。一般人が戦争に行かせるための法案ではありません。

また、将来的な徴兵制の可能性についてですが、現代の戦争ではドローン等ハイテクを駆使して兵士がいなくても行えるような方向に向かっているので、わざわざ徴兵してまで兵士を獲得する可能性は少ないんじゃないかと管理人は考えております。

5:まとめ

というわけで、今回は話題の安保法案について簡単に説明しましたがいかがだったでしょうか?この法案は、日本の防衛を根幹から揺るがす大きな法案なので1年以上かけてじっくり議論する必要があると思うのですが、安倍内閣は今年の夏に成立を目指しているようです。それなら、もっと国民に丁寧に説明する必要があると思うのですが・・・。

今回の記事で、少しでも安保法案について理解が進めば幸いです。ただ、今回の記事ではあくまでも簡単に説明しただけなので、より詳しく知りたい方はネットでもたくさん解説記事があるのでぜひ読んでみて下さい!

スポンサーリンク

シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローお願いします!